旅行に行く

海外旅行に現金はいくら必要?

海外旅行をするときは、現地通貨が必要になります。
あまりたくさん持って行ってトラブルにあってもせっかくの旅行が台無し…いくらぐらい用意すればよいでしょうか。
行き先の国によりますが、欧米など先進国ではほとんどの国でカードメインの人が多いです。
そのため、比較的少なめの現金でも意外と困る場面はありません。
また、クレジットカードにはキャッシング機能がついているものが多いので、万一足りない場合は必要に応じてそれを使うこともできます。
一方、途上国や、先進国であっても市場や屋台などでは現金のみしか使えないところも少なくありません。
自分の旅のスタイルに合わせて金額を設定することが大切ですが、カードが使えるところではなるべくカードを使用し、そうでないところでのみ現金を使うようにすれば少しでもリスクを減らすことができます。
最低限の金額としては、ツアーですべて込の場合を除き、旅行中の食事回数分と宿泊代を見積もった金額プラスアルファで十分でしょう。
宿泊場所がB&Bなどの場合、カードを受け付けてくれないこともあります。
市場などでたくさんお買い物をする予定の人も、多めに用意しなければいけません。
盗難などのリスクを考えると、手持ち現金はなるべく少なくした方がよさそうです。
足りるかどうか不安な場合は、キャッシング機能の他に現地で外貨を引き出せる銀行などがありますので、そちらも検討してみるとよいでしょう。

旅行へ行く際どのくらいの現金が必要?

旅行へ出発する際にはクレジット派の方でも必ず現金が必要です。
日本の交通機関や屋台・売店ではクレジットカードが使えない場合が殆どです。
逆に海外では交通機関もクレジットが使える場合があります。
海外の空港ではすぐに両替所やATMを見つけられない場合があるので現地通貨の現金1万円があればとりあえず到着日は過ごせます。
その後必要な分だけATMで現地通貨を引き出せば盗難の心配もありません。
海外での引き出し手数料はかからないのでその日のレートのみで何度でも引き出し可能です。
日本国内の旅行ツアーで行動するなら近隣交通費とお土産代程度で十分ですが、個人で周る場合は現地での移動・各施設入場料などがかかります。
やはりATMが見つけられない場合もあるので滞在費×1万円は持っていると良いでしょう。
クレジットカードを持っている場合はなるべくカードを使い、持っていない場合やホテル代の支払いも済んでいない場合は更に滞在費が必要です。
 日本国内の旅行先で現金を多く持っていても盗難の心配がありますが、現金引出し手数料がかかることを考えるとクレジットが使えない場合、必要な分はあらかじめ用意しておいたほうがいいでしょう。

Favorite



Last update:2020/10/16

Copyright (C) 旅行へ行こう All Rights Reserved.